So-net無料ブログ作成

憶測での交渉は出来ないから

なぜ、昼休憩などの実態提示を求めるのか、

きちんとした実態が把握できなければ、

憶測による交渉しか出来ないから。

昼休憩などの問題が、一部の事業所なのか、

全体で起きている事なのか、把握しているのは生協側、

労組員や協力の意思のある方の実態は労組でも把握は可能ですが、

それでは全体を予測する事しか出来ません。

今までも、労組が把握した事をニュースなどで公開をしてきました。

なのに、今度は公開が前提なら資料は出せないと。

労組は一部の例だけを取り上げて、という言い訳が出来なくなるのを恐れて、

生協は、全体の資料開示に条件を付けているとしか思えません。

別に個人が特定できるような開示を、労組が求めている訳でもないのに。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。