So-net無料ブログ作成

社会保障費の解釈変更に向けて、高齢者に押し付ける解釈

日本の家計の貯蓄率がマイナスに ── 日本で貯蓄率が低下している最大の原因は?

THE PAGE 1月16日(金)14時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00000004-wordleaf-bus_all


確かに高齢世帯の増加も一因としてあるでしょうが、
非正規雇用の増加による賃金格差と、
増税や円安などによる生活費の負担増、
現役世代でも、将来に備えた貯蓄をしたくても出来ないのが、
私の感じる根本要因ではないかと思います。
確か8%の増税は、社会保障費に使うと言っていませんでしたっけ?。
なのに介護報酬は引き下げで、社会保障費を抑える事に躍起、
国民が負担増で苦しむ中、議員は定数も歳費も政党助成金も。
社会保障費も、拡大解釈や解釈の変更で、
国防のための社会保障費として使うと言う既成事実化が進む様で危惧します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。